事故車と中古車の見分け方

パネルの隙間正常なパネルの隙間は、この程度です。
フロントフェンダ一、バンパーヘッドライトの問に、わずかですが隙間が砥認できます。事故により、フロン卜フェンダ一、あるいはパンパーが交換されたようです。【必須】ボンネットを聞けよう!正面の事故の手掛かりとして、外装を点検したわけですが、事故跡や修理跡がないからといって、安心するのは禁物です。必ずボンネットを開けて、エンジンルームを確認しましょう。外観では見ることのできなかった、ヘッドライトの取り付け部やラジエーターコアサポートに修理跡があるかもしれません。エンジンルームの確認ヘッドライト取り付け部の修理跡正面部分の外装に事故、修理跡がないから
といって、安心するのは禁物です。必ずボンネットを開けて、エンジン手前のラジエーターコアサポートを確隠しましょう。外観からは見えない、ヘッドライトの取り付け部、折れた部分をボンドで貼り付けて再使用しています。
2.後面の手掛かり
ナンバープレートの歪み
後部のナンバープレートは、都道府県認可の封印があるため修理は面倒(鍍金工場は封印を傷つけず外す工具を待っているので、修理は不可能ではない)。事故跡がそのまま残っている可能性があるので、必ず点検しましょう。
トランクパネルの隙間
写真は正常なトランクパネル。両手を使って、左布の隙聞に同時に触れてみ
ましょう。左右の隙聞に遣いがあれば、パネルが交換された疑いがあります。パネルの隙間は、修理時の立て付け不良が原因です。
テールランプの交換跡
正面と同様に、事故車であるかどうかの手掛かりがわかりやすい箇所です。写真のようにランプ内に水滴があれ
パッキンの交換がうまくいかなか
った可能性があります。また、新しいテールレンズが取り付けられていたり、トランクパネルとの隙聞が左右途うようであれば、後宮Eに事訟があった
証鎚となります。