事故車の見分けるポイント

1.3つのポイントで見分ける
左右を比較する中古車。左右を見比べれば、質感、塗袋、湾綾など、その部分が修理されたのかどうか、簡単に判断することができるのです。
シーリングの跡をチェック後械によるドアパネルの正常なシーリング跡。新車ではパネルとパネルの縫合部に機械を使ってシーリングを充筑するため、きれいな直線になります。一方、事故の修復は手作業になります。
スポット溶接の跡をチェック
写真はタイヤハウス側のリヤフェンダー。機械による正常なスポット溶媛の跡です。
写真のように、メーカーのスポットでないものは浴後跡が小さかったり、質感の違うものになってしまいます 車時のスポット溶媛跡は、直径が 6ミリ以上あり、形も登っています。またスポット港後の数も左右同じか確認してみましょう。 前部には、走行に関する重要な機器が集中しています。これらの機器は、部品交換による修理が比較的多く、注意深く点検すれば必ず修復歴を見つけることができます。エンジンルーム中ほどまでの、衝撃の波及を確認したら、足回りの修復歴を忘れずに点検してから、購入を判断しましょう。 1 . Aランク=ラジエーターコアサポートまでの事故歴ラジエーターコアサポートの溶接跡がいびつであったり、事故によりエンジンルーム側に入り込んでしまったラジ工ータコアサポートを、修正織で外側に引っぱり出したときにできた修理跡。かなり強引な修理といえます。衝撃が波及している可能生があるので必ずフロントフェンダーインナーも点検してください。
2. Bランク=フロントフ工ンダーインナーまでの事故、フロントフ工ンダーの取り外し跡まずは、取り付けボルトを点検。ボルトの塗装がはげている場合i阜、修理のために取り外されたか、パネル自体力f交換されたかのどちらかです。したがって、インナーにもなんらかの事故が及んでいると考えられます。 フロントフェンダ-インナーのシーリング跡ラジエーターコアサポートとの媛銃部のシーリングがいびつです。事故により、フロントフェンダーインナーを修理したと判断できます。写真の矢印の左上がラジエーターコアサポートです。写真は正常なシーリング跡。手前から奥まで、どこかに手作業によるいびつなシーリング跡がないかを点綴します。その結果、事訟の衝努力ずどこまで波及したか、ある程度予想を立てることができるのです。足回りの事故は要注意
エンジンルーム内の点検で、フロントフェンダーインナーに修復歴を見つけたら、ここが購入の分かれ目。必ず足回りを点検して、不具合がないかを確かめましょう。この段階では、後部の手掛かり発見時に行ったような、下をのぞき込むといった程度の点績ではなく、営業マンに頼んで、ジャッキやリフトを使った、徹底した点検を行ってください。足回りに修理跡や交換跡があった場合は、今後、走行中になにかしらのトラブルが.起こると予想されるので、購入は控えるべきです。サスペンションの取り替え跡からついているサスペンションです。